HOME > 会員の皆様へ > 安全対策 > 特殊車両通行許可における優良事業者の有効期間の延長について

特殊車両通行許可における優良事業者の有効期間の延長について

 

 平成31年4月より、特殊車両通行許可の有効期間について、 以下の要件をすべて満たす事業者については、現行の「2年」 から「4年」へと延長されます。
※超重量・超寸法の車両(例.セミトレーラ連結車の長さが17m を超えるものなど)の場合は現行の「1年」から「2年」へと延長されます。
 なお、既存の許可についても以下の要件をすべて満たせば、現行の有効期間に1年又は2年を追加した期間まで、通行が認められます。※有効期間の延長には手続きが必要となります。

有効期間延長の案内

<有効期間延長の要件>
@過去2年(今後、2年を超える期間で許可を受けた事業者は、当該期間が対象)で特車通行許可に係る違反による警告等を受けたことがないこと
A業務支援用ETC2.0車載器を装着し、その情報を登録していること
BGマーク(安全性優良事業所)の認定を受けていること

 

 有効期間の延長に係る手続きについては、「特殊車両通行許可オンライン申請」サイトの”重要なお知らせ”平成31年4月1日付けに掲載されています。該当ページへのリンクはこちら

 

※本件のQ&Aは準備中です。

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図