HOME > 会員の皆様へ > 燃料高騰対策・取引適正化 > 「トラック運送業の適正取引推進、生産性向上及び長時間労働抑制に向けた自主行動計画」について

「トラック運送業の適正取引推進、生産性向上及び長時間労働抑制に向けた自主行動計画」について

 

 

策定の経緯

 

 

平成28年10月18日開催の第8回下請取引条件改善に関する関係府省等連絡会議(平成27年12月21日設立)において野上官房副長官から、国土交通省に対して、トラック運送業も「自主行動計画の策定」に向けた取組について検討するように、との指示。

 

平成28年11月22日、根本国土交通大臣政務官より、全日本トラック協会の大手運送会社に対し、「トラック運送業の適正取引推進のための自主行動計画」策定を要請。

 

平成29年3月9日、全日本トラック協会は、「トラック運送業の適正取引推進、生産性向上及び長時間労働抑制に向けた自主行動計画」を策定。

平成29年6月末、全ト協物流ネットワーク委員会に属する事業者が、各社の実施計画を策定し取組を開始。

 

 

 

 

 

 

概要


トラック運送業の適正取引推進、生産性向上及び長時間労働抑制に向けた自主行動計画

 

 

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図