HOME > 会員の皆様へ > 助成制度 > 平成29年度ドライブレコーダ導入促進助成事業について

平成29年度ドライブレコーダ導入促進助成事業について

 

 事故防止や安全運転への取り組みを支援するため、事故や急加速・急減速などの一定の衝撃が生じた際に、その前後の映像や走行データを記録するドライブレコーダの普及を図ります。
各都道府県トラック協会を通じて下記のとおり助成事業を実施いたしますので、お申し込み等詳細につきましては、所属のトラック協会にお問い合わせください。

 

 

 

1.機器の分類

貨物自動車用ドライブレコーダ選定ガイドライン 新規ウインド

 

 

2.助成額

 

(1)全ト協助成額 運行管理連携型 2万円
(2)都道府県ト協助成額 各協会の定めによる 
※同一事業において国の補助金が交付される場合、全ト協は助成金を交付しません。

 

 

3.助成対象機器


運行管理連携型ドライブレコーダ一覧   <平成29年7月19日現在>

 

以下の簡易型・標準型・スマートフォン活用型ドライブレコーダは、全日本トラック協会の助成対象外となります。なお、対象機器については、所属のトラック協会にお問い合わせください。


簡易型ドライブレコーダ一覧  (※)  <平成29年7月19日現在>

 

標準型ドライブレコーダ一覧  (※)  <平成29年7月19日現在>

 

スマートフォン活用型ドライブレコーダ一覧  (※)  <平成29年4月3日現在>

 

 

4.申請について

 

所属のトラック協会にお問い合わせください。


各都道府県トラック協会一覧

 

 

5.事業内容について

 

(公社)全日本トラック協会 交通・環境部にお問い合わせください。

電話 03−3354−1045

 

 

 

 

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図