HOME > 会員の皆様へ > 労働対策 > 陸上貨物運送事業における労働災害防止の徹底について

陸上貨物運送事業における労働災害防止の徹底について

 

 

 厚生労働省の統計によると、平成25年10月末現在の陸上貨物運送事業における死傷災害発生件数は、前年同月比2.4%増の10,560件となっており、全産業の死傷災害件数が減少している中で、陸上貨物運送事業は増加しております。また、このまま増加傾向が続くと平成25年における1年間の陸上貨物運送事業の死傷災害件数が『4年連続増加』という極めて憂慮すべき事態となることが懸念されます。
 このような状況から、厚生労働省より下記のとおり労働災害防止の徹底について通達が発出されました。
 つきましては、労働災害防止対策のさらなる徹底について取り組むようお願いします。

 

 

厚生労働省通達「陸上貨物運送事業における労働災害防止の徹底について(要請)」(平成25年11月14日付け基安安発1114第2号)

 

【参考】(公社)全日本トラック協会 平成25年度 第53回「正しい運転・明るい輸送運動」実施計画

 

【参考】厚生労働省作成「陸上貨物運送事業における荷役作業の安全対策ガイドライン」パンフレット厚生労働省

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図