HOME > 会員の皆様へ > 労働対策 > トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会特設ページ > 荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドラインおよび事例集について

荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドラインおよび事例集について

 

 

 厚生労働省及び国土交通省が中央及び各都道府県に設置している「トラック輸送における取引環境・労働時間改善協議会」では、平成28年度から平成29年度の2か年にわたって、荷主企業及びトラック運送事業者等が協力・連携しながらトラックドライバーの長時間労働の改善等を図る「パイロット事業」を実施してまいりました。その成果として、さまざまな地域・荷種・取組方法による、計100件を超える事例が収集されたところです。
 今般、その成果を「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」および「事例集」としてとりまとめましたので、公開いたします。荷主企業・トラック運送事業者の皆様にご活用いただき、取引環境と長時間労働改善にお役立ていただければ幸いです。

 

 

ガイドラインはこちら

事例集はこちら

 

 

(参考)

厚生労働省記者発表

国土交通省記者発表

経済産業省記者発表

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図