HOME > 会員の皆様へ > 労働対策 > 風しんから社員を守るため職場の健診を強化しませんか(厚生労働省)

風しんから社員を守るため職場の健診を強化しませんか(厚生労働省)

令和元年12月5日

 

 現在40歳〜57歳(昭和3742日〜昭和5441日生まれ)の男性は、風しんの免疫を持っていない可能性が高いため、市区町村より無料クーポン券が届きましたら、健康診断の機会などで、抗体検査を受けてください。そして、抗体がないことがわかったら医療機関等で予防接種を受けてください。

 

【事業所の「健診」ご担当者さまへ】

 厚生労働省では、昨今、感染拡大が続く風しんへの対策として、市区町村が、免疫を持っていない可能性が高い40〜57歳の男性を対象に、無料で「抗体検査」と「予防接種」を受けられるクーポン券を配布しています。この制度は2022年3月末までの期間限定です。

 風しんから社員を守ることは、社会を守ることにつながります。ぜひ、職場の健診の際に社員がクーポン券を利用して抗体検査を受けられるようにご協力をお願いします。抗体検査の結果、十分な量の抗体がなく、風しんの定期接種の対象となる場合は、予防接種を受けるよう呼びかけをお願いします。また、抗体検査や予防接種のために医療機関を受診しやすいよう、配慮をお願いします。

 

 

「風しんの追加的対策について」厚生労働省

 

啓発リーフレット「シティーハンター」

   

 

啓発リーフレット「ラグビー日本代表」

   

 

対象者向けリーフレット

   

 

事業者の「健診」ご担当者様向けリーフレット

   

 

 

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図