HOME > 会員の皆様へ > 労働対策 > 「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン〜脳健診の必要性と活用〜」について

「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン〜脳健診の必要性と活用〜」について

 

 

 今般、国土交通省において、自動車運送事業者が、運転者の脳健診の受診等、脳血管疾患対策を進めていくために知っておくべき内容や取り組む際の手順等を具体的に示した「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン」及び概要版が作成され、国土交通省自動車局長より別添のとおり通達が発出されました。

 

 つきましては、自動車運送事業者における脳健診の受診や治療の必要性について理解し、自主的なスクリーニング検査を導入し、運転者の脳血管疾患による事故防止を図るため、本ガイドライン及び概要版をご活用下さいますよう、お願い申し上げます。

 

 

通達「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン〜脳健診の必要性と活用〜」について

 

自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン

 

自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン【概要版】

 

国土交通省報道発表「自動車運送事業者における脳血管疾患対策ガイドライン」を策定しました国土交通省

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図