HOME > 会員の皆様へ > 労働対策 > 「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方」を取りまとめ

「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方」を取りまとめ

 

国土交通省 同時発表

平成31年4月4日

 

「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方」を取りまとめ

 

 トラック運送業界で更なる活躍が期待される女性・高齢ドライバーが安心して働くことができるよう、女性・高齢ドライバーが運転しやすいトラックのあり方を取りまとめました。

 

 トラック運送事業は、我が国の産業活動や国民生活の基盤を支える重要な産業ですが、一方で、トラックドライバーにおける有効求人倍率は3.03倍(平成31年1月時点で全産業平均の約2倍)と、他の産業に比べ人手不足が深刻な状況にあります。


 将来の担い手の確保や現在勤務しているドライバーが引き続き働きやすい環境を維持することが、我が国における物流サービスの継続的な提供に資することとなるため、女性等を始めとする多様な人材の確保のための環境整備は必要不可欠です。


 国土交通省及び(公社)全日本トラック協会では、女性をはじめとする多様な人材の確保、現在働いているドライバーの年齢が上がっても働きやすい環境の整備を目的として、平成30年3月に学識経験者、運送事業者、関係業界団体等の関係者から構成される「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方検討会」を設置し、女性・高齢ドライバーが運転しやすいトラックのあり方について検討を進めてきました。


 同検討会における議論を踏まえ、トラック運送業界でさらなる活躍が期待される女性・高齢ドライバーが安心して働くことができるよう、「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方」について取りまとめました


 国土交通省及び(公社)全日本トラック協会では、多様な人材が働きやすい環境の整備に資するよう、本取りまとめについて、車両メーカー、架装メーカー、運送事業者等に周知を図ってまいります。

 

≪取りまとめのポイント≫
○最新のトラックについては、運送事業者、女性・高齢ドライバーから高評価。
○一方、多様なニーズに対応するオプションについては、運送事業者側に十分知られておらず、情報の共有化が必要。
○運送事業者、女性・高齢ドライバーからは更なる改善の要望があり、要望に配慮された車両・架装の開発・普及が望まれる。
○定期的に国土交通省、業界団体、メーカー等が意見交換を行い、運転しやすいトラックの普及を図ることが必要。

 

 ◆ 女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方検討会取りまとめ(2019年4月)
 ◆ [別添] 女性ドライバー等からの要望に対するトラックメーカーなどの対応事例(2019年4月)
 ◆ [別冊] トラックメーカーなどの取組事例集(2019年4月)

 

【国土交通省報道発表】
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000182.html

 

【参考】
「女性ドライバー等が運転しやすいトラックのあり方検討会」国土交通省

 


  問い合わせ先

  公益社団法人 全日本トラック協会  交通・環境部  荻原
  TEL:03-3354-1045(ダイヤルイン)  FAX:03-3354-1019

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図