HOME > 会員の皆様へ > 労働対策 > 働き方改革特設ページ > 「トラック予約受付システム」の導入促進について

「トラック予約受付システム」の導入促進について

 

 

 「トラック予約受付システム」は、トラックドライバーの荷待ち時間の削減や輸送の効率化のための有効な手段であるだけでなく、荷主の皆さまにとっても物流施設の効率化等コスト削減につながるため、お互いに大きなメリットがあります。
 そのため、全日本トラック協会による「トラック運送業界の働き方改革実現に向けたアクションプラン」や、国土交通省、厚生労働省、全日本トラック協会による「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン」では、具体的な取り組みの一つとして「トラック予約受付システム」の活用を掲げているところです。
 予約受付システムは、倉庫や物流センター等発・着荷主の皆さまに導入していただくものですが、様々な予約受付システムがあるため、個々の特徴等がわからず、運送事業者から荷主の皆さまへ導入を提案することが難しいとの意見を頂いております。
 そのため、この度、全日本トラック協会では、運送事業者から荷主の皆さまへ予約受付システムの導入を提案するための基礎資料として、本資料をとりまとめましたので、ご活用下さい。

 

「トラック予約受付システム」のご案内 〜荷待ち時間の削減に向けて〜

 

 

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図