HOME > 会員の皆様へ > 安全対策 > 平成27年度「トラック運送業界における点検整備推進運動」について

平成27年度「トラック運送業界における点検整備推進運動」について

 

 

◆強化月間: 9月1日(火)〜10月31日(土)

 「点検・整備の徹底はトラック運送事業者の責務です!」

 

 トラック輸送は、今や国民の生活や経済に不可欠な存在です。一方、トラックによる交通事故は重大事故に繋がることが多く、特に、車輪脱落事故や不具合等による事故防止をはじめ、環境面においても排出ガスによる大気汚染や地球温暖化問題への対応が求められています。 また、トラック運送事業者には、日常点検及び定期点検整備の実施が義務付けられていますが、その実施状況は必ずしも十分ではありません。

 このため、9月、10月を「自動車点検整備推進運動」とし、不正改造の防止とともに、確実な点検整備の実施を徹底してください。

 

 

◆大型車の重点点検項目

◆黒煙濃度の悪化に大きな影響を与えるエア・クリーナ・エレメント、 燃料フィルタ、燃料噴射ポンプ等の点検・整備を自主的に

実施してください。

 

DPF(黒煙除去フィルタ)など後処理装置付き車の正しい使用のお願い国土交通省

 

 

平成27年度「トラック運送業界における点検整備推進運動」

 

 

 

◆大型自動車を50両以上保有する事業者の方へ(「重点点検」の実施)

 

車輛総重量8トン以上の事業用トラックを50両以上保有する事業者においては、別途、重点点検期間中(9月〜11月)に定期点検を行う大型自動車について、「重点点検項目」の点検結果を各運輸支局等に報告する必要があります。

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図