HOME > 会員の皆様へ > 安全対策 > 事業用自動車事故調査報告書に係る事故の再発防止策について

事業用自動車事故調査報告書に係る事故の再発防止策について

 

 

令和元年8月7日

 

 国土交通省より、事業用自動車事故調査委員会が公表した「事業用自動車事故報告書」について通知がありました。

 特に、大型トラクタ・バンセミトレーラの衝突事故(別添1)については、運転者が運行経路上にあるフェリー乗船中に飲酒し、フェリーを下船する際には点呼を受けることもアルコール検知器で検査をすることもなく運転を開始しており、当該事業者の運転者の間では、フェリー乗船中の飲酒が常態化していたものと考えられています。

 つきましては、今後同種の事故を未然に防止するため、本趣旨をご理解のうえ、同報告書において提言のあった再発防止策について積極的に取り組まれるよう、また、運行経路にフェリーを組み入れている事業者については、フェリー乗船中の運転者の休息方法を改めて点検する等により、輸送の安全に万全を期すようお願い申し上げます。

 

 

 

【特別重要調査対象】

大型トラクタ・バンセミトレーラの衝突事故(大阪市平野区)【概要版】

大型トラクタ・バンセミトレーラの衝突事故(大阪市平野区)【調査報告書】

 

 

【重要調査対象】

大型トラックの衝突事故(愛知県岡崎市)【概要版】

大型トラックの衝突事故(愛知県岡崎市)【調査報告書】


大型トラックの衝突事故(長崎県佐世保)【概要版】

大型トラックの衝突事故(長崎県佐世保)【調査報告書】

 

大型乗り合いバスの衝突事故(兵庫県神戸市)【概要版】

大型乗り合いバスの衝突事故(兵庫県神戸市)【調査報告書】

 

 

事業用自動車事故調査報告書に係る事故の再発防止策について

 

(参考)

国土交通省事業用自動車事故調査委員会国土交通省

 


 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図