HOME > 会員の皆様へ >安全対策 >自動車運送事業者が運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアルが改正されました(国土交通省)

自動車運送事業者が運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアルが改正されました(国土交通省)

 

平成30年6月6日

 

 「自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」及び「自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアル」の一部改正についての通達が発出されました。

 

 

「自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う指導及び監督の指針」及び「自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアル」の一部改正について

 

 

 

平成30年

 

 居眠り運転に起因する事故を防止し、また、働き方改革を進める観点から、運転者の睡眠時間の確保について事業者の意識を高めるため、貨物自動車運送事業輸送安全規則が改正され、平成30年6月1日より施行されたことに伴い、今般、国土交通省が作成している安全教育マニュアル「自動車運送事業者が運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアル」が改正されましたのでお知らせいたします。

 

 

概要編

 

概要編(見え消し)

 

本編

 

本編(見え消し)

 

 

国土交通省報道発表「バス、タクシー、トラック運転者教育を充実〜睡眠不足による交通事故を防止するための教育内容についても記載〜」国土交通省

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図