HOME > 会員の皆様へ > 安全対策 > 「第10次交通安全基本計画」について(内閣府)

「第10次交通安全基本計画」について(内閣府)

 

 

平成28年3月11日、中央交通安全対策会議で、向こう5年間の我が国の交通安全に関する総合的な施策を取りまとめた「第10次交通安全基本計画」が決定されましたのでお知らせいたします。

これまでの交通安全対策の取組により、昨年の道路交通事故による死者数は、過去最悪であった昭和45年の4分の1以下となっているものの、4,117名もの尊い命が失われています。そのため、「第10次交通安全基本計画」では『平成32年までに道路交通事故の年間死者数を2,500人以下にする』という目標を掲げ、不注意等のヒューマンエラーや身体機能の低下など、人に起因する事故を未然に防止するため、先端技術によって、運転をサポートする様々なシステムの開発・普及に取り組むことに重点を置いています。

 

 

第10次交通安全基本計画内閣府

 

 

安倍内閣総理大臣の発言について首相官邸

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図