HOME > 会員の皆様へ > 安全対策 > アルコール検知器の適切な使用及び管理について

アルコール検知器の適切な使用及び管理について

 

 

国土交通省より、今般、国民生活センターによる市販の簡易型アルコール検知器調査結果を受け、アルコール検知器を用いた酒気帯びの有無の確認については、あくまでも判断材料を増やすことが目的のため、引き続き、アルコール検知器の結果のみならず、目視等により総合的に判断し、アルコール検知器の使用及び管理においては、故障等ないよう常時有効に保持するよう、通達が発出されました。
つきましては、改めて、アルコール検知器の保守管理を徹底し、目視及びアルコール検知器による点呼を行うようお願い申し上げます。

 

 

国土交通省通達「アルコール検知器の適切な使用及び管理について」(平成27年2月19日付け国自安第226号、国自貨第79号)

 

国民生活センター報道発表資料「過信は禁物!息を吹きかけて呼気中のアルコール濃度を調べる測定器 −運転の可否の判断には使用しないで!」国民生活センター

 

 

 

 

 

 

◇お問い合わせ

公益社団法人全日本トラック協会 交通・環境部

TEL: 03−3354−1045

受付時間: 平日9:00〜17:40(12:00〜13:00を除く)


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図