HOME > 会員の皆様へ > 燃料高騰対策・取引適正化 > 「地域社会と国民生活を守るため 平成26年度トラック業界の要望を実現する会」を開催しました

「地域社会と国民生活を守るため 平成26年度トラック業界の要望を実現する会」を開催しました

 

 

  全日本トラック協会は11月13日、東京千代田区の海運クラブで「地域社会と国民生活を守るため 平成26年度トラック業界の要望を実現する会」を開催しました。同会には各都道府県トラック協会の会長、副会長を中心に、全国から約150人のトラック運送事業者が参集し、自由民主党トラック輸送振興議員連盟(細田博之会長)および公明党トラック問題議員懇話会(北側一雄会長)所属の国会議員(本人123名、代理103名)を迎えて、全国から集められた207万人の署名とともに、軽油引取税の旧暫定税率の廃止など、3項目の要望の実現を訴えました。

 

次第

 

自民党トラック輸送振興議員連盟細田会長への要望書

 

公明党トラック問題議員懇話会北側会長への要望書

 

決議(自民党トラック輸送振興議員連盟・公明党トラック問題議員懇話会)

 

 

 

 

  

 

  

 

  

 

  

  


 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図