HOME > 会員の皆様へ > 環境対策 > エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律について

エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律について

 

 

 エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律(省エネ法)の改正法案が第196回通常国会で可決され、平成30年12月1日より施行されました。

 本改正では、現行法の「荷主」の定義を見直し、「貨物の所有権を問わず、契約等で貨物の輸送方法を決定する事業者」を荷主とすることで、ネット小売事業者を法律の規制対象に位置づけ、また、到着日時等を適切に指示することのできる貨物の荷受側を「準荷主」と位置づけ、「荷主」の省エネ取組への協力を求めます。12月1日、資源エネルギー庁より「準荷主ガイドライン」が公表されました。詳細は、下記リンクをご確認ください。

 

 

国土交通省からの輸送事業者判断基準国土交通省

 

荷主判断基準の見直しについて経済産業省

 

準荷主ガイドライン資源エネルギー庁

 

省エネルギー政策について資源エネルギー庁

 

 

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図