HOME > 会員の皆様へ > 燃料高騰対策・取引適正化 > 燃料価格高騰対策特設ページ > 燃料価格高騰分の転嫁に関する実態調査結果(概要)

燃料価格高騰分の転嫁に関する実態調査結果(概要)

 

 

   燃料価格高騰分の転嫁状況について、現状の実態を適切に把握し、運賃等への転嫁に取り組むため、国土交通省からの依頼により、燃料価格高騰分の転嫁の定着を図る上で、荷主、協力会社(下請事業者)との取引の両面が重要な役割を果たす存在である元請事業者、物流子会社等を対象とした実態調査を、都道府県トラック協会の協力のもと全国で実施致しました。
   この調査結果をもとに、国土交通省では「適正取引推進(サーチャージ導入・価格転嫁)強化月間」を11月に設定し、荷主等とトラック事業者の適正取引について強力に推進しています。

 

燃料価格高騰分の転嫁に関する実態調査結果(概要)

 

 

 


全日本トラック協会 〒160-0004 東京都新宿区四谷三丁目2番5
Copyright (C) 2008-2014 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.

(代表電話)03-3354-1009   FAX:03-3354-1019 |アクセス・地図