10.危険物、毒物などの輸送


トラックは暮らしや経済活動に必要不可欠な危険物や毒物なども運びます。ある一定以上の量の危険物や毒物などを運ぶ場合は危険物や毒物などを積んでいる旨のマークをトラックの前後に表示しています。危険物は火災の危険を防止するため、毒物および劇物は保健衛生上の危害を防止するため、高圧ガスは高圧ガスによる災害を防止するためにそれぞれ、輸送の方法が法律で決められています。


(1)危険物

強い酸化性があるもの、燃えやすいもの、自然に発火するもの、水と接触して発火するものなどです。具体的には以下のようなものがあります。

危険物の種類(消防法別表より抜粋)
種別 品名 性質
第一類 塩素酸塩類 酸化性固体
第二類 赤リン 可燃性固体
第三類 ナトリウム 自然発火性物質および禁水性物質
第四類 第一石油類 引火性液体

(2)毒物および劇物

毒物および劇物には以下のようなものがあります。
塩素、ニトロベンゼン、発煙硫酸、黄リンなど
(毒物及び劇物取締法別表より抜粋)


(3)高圧ガス

高圧ガスには以下のようなものがあります。
酸素ガス、水素ガス、プロパンガスなど



≪トラック早分かりトップ≫


社団法人 全日本トラック協会     

Copyright© 2008 Japan Trucking Association, All Rights Reserved.